page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
いい映画を観よう!@東京
てことで、
http://www.letter-movie.jp/ 
こちら、宣伝致します。

私が最近見た映画と言えば、
「幸せのレシピ」
内定式で話題になっていたので。

映画館でとなりの人、涙ボロボロ。
私もボロボロ。お互い辛いことあったんかな・・?って思ってたかも。笑

定期的に、感情の整理って大切。
映画って特効薬。
泣いたり・笑ったり・感じたり・・・。




みんなのオススメも教えてください-^_^
スポンサーサイト
page top
歩いて歩いて歩いて
20071010022501
音楽聞きながら、ずーっと歩いてた。一日中お散歩。映画見て、コーヒー飲んで。歩いて、また歩いて。

秋の京都が好き。
特に夕暮れが。
一昨日から誰かと話しがしたくて、文字で会話するんじゃなくて、こんな気持ちは、久しぶり。変なの。

走ってたら見えないことも、歩いてたら見えすぎることもある。

見えてきた光景。
キャッチボールは一球のやりとり。三球投げて、一球返ってくるようじゃ、バランスが取れてないってこと。

秋の光景。
page top
stand up...
20071008213839
がんばれ、
ペコちゃん。

life is not finding myself it is about creating who i am.

がんばれ
がんばれ
stand up
ペコちゃん。
page top
behind the story
忙しく動き回る毎日。
毎日、すごいすごい学んでいます。
ライバル会社もやるな。
■すべては人間性から。
■チームワークとユーモアはモチベーションをあげ、仕事の質もあげる。
■現場で働く人と同じ目線に立ってみること。
一歩引いた立場から将来の自分を見ているようです。


キンモクセイのにおいがし始めた。
「この匂いがせつなくってすき」と言ったあの人はとてもピュアな人だった。
別府のキンモクセイも、京都のキンモクセイも 変わらない匂い。
だから思い浮かぶ情景と感情はあの時のまま。そのまんま。

「圧倒的な日常」という言葉を知った。
大失恋して、もうこの世の終わりというくらい泣き叫びたくても、
大切な家族や友人を失くして悲しみにうちしがれても、
元気だった体がある日突然、病気だと知っても、
仕事で大失敗して、凹んでも、

どーにも・こーにも、
世の中は変わりなく回り続ける。
夜が来て朝が来るように、
近所の犬は吠えるし、
新聞は配達されるし、
そんな「圧倒的な日常」の中、私たちは生きているらしい。
そんな日常が一番きらきら輝くらしい。
だれにでも、それぞれのstoryがあるってこと。behind the story...

オンニが教えてくれた。
感情の限界超えたら、無関心になる。と。

“仕事が忙しくって、辛くて・苦しくて・泣きたくて、
「あぁ、もう嫌だ」と思っても、そこにその辛い・苦しい・泣きたい・嫌だ。という感情があることはまだ幸せなこと。だんだんそれに対して無関心になり、何も感じなくなったら、もう終わり。”

仕事だけじゃないと思いながら聞いてた。
今、一つのことに「無関心」になるかどうか瀬戸際の自分がいる。
試すことは怖いけど、
それが私の出した「答え」になるのかもしれない。

nobody knows, behind the story...
page top
輝きと結果
仕事で行き詰まっている友人が、自分はダメな人間、自分はなんてダメな人間なんだろう、と思い悩んでいた。そして、出てきた言葉が、
『なぁ、あゆこはなんでこんな自分を励ましてくれて、支えようとしてくれるん?』

私がくよくよしてる時、苦しい時、いつも気にかけてくれた人。いろんなあたしの姿を見てきた人。

返せないほどの感謝があるし、尊敬がある。

『自分自身の輝きと結果は必ずしも比例するもんじゃない。』

簡単に結果が出ないからといって自分自身の輝きを失うこともないし、失われることもない。

結果がダメだから、人間もダメなんて方程式はない。

うまくいくこともあれば、いかないこともある。

自分自身を形成してるもんはひとつじゃない。
だから人間なんやと思うし、みんなそれぞれの輝きがあるんだろう、て思う。
page top
きれいになるか、記憶を無くすか
20071003035720
■■■あるマンガより…

A子は綺麗になって、誰からもちやほやされたい、と切実に願う女の子。
ある日、魔女が現れて、
『この薬を一粒飲めば、あなたは一時間だけとても綺麗になれるよ。ただし、一粒飲むごとにあなたの周りの人、一人ずつの記憶からあなたが永遠に消えるよ。どれだけ飲むかはあなた次第。』
と言われる。
きれいになりたかったA子は、それだけを考えてその薬を飲む。

薬を飲んで、街にでると、知らない人達からちやほやされる。きれいになれたA子。とてもいい気分のA子。しかし、自分の友達や家族に会いにいくと、『あなた誰…?』と言われるのであった…。

■■■
これってめちゃめちゃ寂しくない?
結局、人は記憶によって生かされている。
自分は人の記憶の中で生きている。
記録よりも記憶で、
自分と相手がどのように関わってきたか、ということ。記憶の中で生き続ける限り、自分は存在し続けるということ。相手の記憶の中にずっと生き続けることは簡単ではないし、永遠ではない。

『人間関係は年齢を重なれば重ねるほど、狭く限られてくる』

という言葉はあながち間違いではない。頭の中に生きない人は、どこかの時点で消えているということ。

『記憶から消して欲しい』なんて言葉はなんて悲しいんだろう、と考えた。
page top
心の反射神経
20071003031628
友人宅に帰ると、
おめでとう!と言われて、お菓子とジュースが用意してあった。

10月1日。
正式なサインを会社と交わした。入社まで自分の中での課題はたくさんあるけど、これでひとまず形になった。

なんか、素敵な歌まで用意してあって、こんな事しか出来ないけど…、て言う友人。あったかいなぁ、て思った。

その後、久しぶりにゆっくりいろんな事を話す。悩んでること、考えてること、友人が涙もろくなっていたので、私もホロリとなる。長年の付き合い、いろんな感情も入り交じる。

こうゆう感覚に鈍くなってたかも。

何かを取り戻すことのできた時間。
© ichigo ichie Cafe. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。