page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
旅の途中です。
20070427115711

■■■
彼の書いたものの中に、
私の失いかけていたもの全てがあった。

彼の眼は全て映している。

浜辺の石も水筒もそのまま映している。

選んでいない。

ニュートラルな感性で物事を映す心がいかに得難いものか。

彼はいつも全てに対してニュートラルなのだ。そこに彼の絶対的な存在感がある。
■■■

全てをニュートラルなポジションから見ることは難しいんだろう、と思う。

価値観や感情から距離を置き、全体を見つめてみることとか。

目先のことばかりに走らず、自分のことばかり考えず、部分的ではなく全体的に『事』を把握する。その空間にいる自分は、ニュートラルなポジションで。むしろ『事』というか 感覚ではなく、全ては空間に存在しているようでしかないのかもしれない。



導かれるままに生きてきた。そこに絶対的な存在感を置くのには時間がかかった。

自分の中心を持って生きていく人は導かれない。引き寄せるのだ。

また新しい本を2冊買った。知識は財産だ。

日本中に親戚がいるのも悪くない。 移動することも苦にならない、旅の感覚。またこうやって、新しい土地で出会っては別れ、現れては消え、植物の毎日のように目に見えて変化するんだろう。

決断はすぐそこに。
全体を見て決断することにしよう。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

あゆこちゃま、
ありがとうほんまに。
あなたがいないと、うさぎさんは死んじゃう。
ゆんぴろ | URL | 2007/04/27/Fri 22:10 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© ichigo ichie Cafe. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。